トヨタ急加速事故急増「死者34人」米安全局(読売新聞)

 【ニューヨーク=小谷野太郎】米高速道路交通安全局(NHTSA)は15日、トヨタ自動車の車が急加速を起こすとされる問題で、2000年以降に米国で発生した衝突事故による死者数が昨年末時点の21人から新たに13人増え、計34人に達したことを明らかにした。

 NHTSAによると、05〜10年に発生した急加速が原因とされるトヨタ車の事故の報告が1月27日までに新たに9件寄せられ、13人が死亡した。

 一方、ブレーキの不具合でリコール(回収・無償修理)を発表したハイブリッド車の新型「プリウス」について、NHTSAに寄せられた苦情は11日時点で1120件に達し、3日時点の124件から急増した。34件の衝突事故、6人のけが人が含まれる。

授業料滞納世帯に無利子貸し付け=高校生の今春卒業を支援−厚労省(時事通信)
携帯電話購入、小1が2割…横浜市教委調査(読売新聞)
ケニア大使館敷地内で火災、激しく炎上がる(読売新聞)
下着、部屋着をおしゃれに せめて家の中では…値ごろ感で人気(産経新聞)
枝野氏の刷新相起用、首相じわり「小沢離れ」か(読売新聞)
[PR]
by wusee7phoj | 2010-02-18 04:14