「2人目擁立」方針を支持=民主・輿石氏(時事通信)

 民主党の輿石東参院議員会長は1日の記者会見で、夏の参院選で、改選数2の選挙区で2人目の候補の擁立を進める小沢一郎幹事長に地元組織から反発の声が上がっていることについて、「幹事長は党で決めた原則にのっとって任務を果たしている。多少の反発や不満もあるだろうが、原則を貫いてもらう方が望ましい」と述べた。
 鳩山内閣の支持率が下落する中、同一選挙区で公認候補が競合することに関しては、「2人区で共倒れしてしまうことはあまりないと思う。必ず1人は取れるだろう」との見方を示した。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

大阪市公金の返還求める、市公正職務審査委が勧告(産経新聞)
猫でショート?鹿児島市立病院で1時間半停電(読売新聞)
フィルム紛失3千万円賠償、財団法人が写真家に(読売新聞)
<政党機関紙配布>74年の判例疑問視 「逆転無罪」判決(毎日新聞)
阿久根市職労が市役所から退去=使用許可めぐり、提訴の方針(時事通信)
[PR]
by wusee7phoj | 2010-04-07 04:47