<囲碁>中部総本部を閉鎖 所属棋士5人が引退(毎日新聞)

 関西棋院は24日、中部総本部(名古屋市緑区)所属の棋士6人のうち5人が引退するのに伴い、今月末で同総本部を閉鎖すると発表した。現役を続投する森川満夫六段(76)は、本院(大阪市中央区)に移籍する。

 中部総本部は1957年に発足。一時は二十数人の棋士がしのぎを削ったが、近年は所属棋士も減少し、高齢化が進んでいた。昨年、所属棋士のうち5人が引退を表明。プロ入りする若手の登場も見込めないことから、閉鎖を決めた。

【関連ニュース】
囲碁:橋本昌二棋士しのび「語らう会」
民主党:小沢幹事長と菅副総理 囲碁対局実現に政界が注目
囲碁:飛田さんが女流アマ選手権初優勝
囲碁:張栩が棋聖奪取 7冠制覇
囲碁:プロ棋士の卵 厳しい修練に耐え、夢は世界トップ

工事現場に男性遺体=遺棄容疑で20歳男逮捕−茨城県警(時事通信)
チューリップ約700本切断=花博記念公園−大阪(時事通信)
22年度予算が成立 戦後5番目の早さ(産経新聞)
京浜東北・宇都宮・高崎線運転見合わせ…人身事故(読売新聞)
熊本県も和解受け入れ=水俣病未認定患者訴訟(時事通信)
[PR]
by wusee7phoj | 2010-03-31 02:59