<10年度予算案>大阪、新潟で公聴会開く 衆院予算委(毎日新聞)

 衆院予算委員会は19日、大阪市と新潟市で10年度予算案の地方公聴会を開いた。大阪市では、民主党推薦の小西砂千夫・関西学院大大学院教授が「ギリギリのバランスを取った予算だが、次年度には(財源などの)不安を残す」と指摘。自民党推薦の嶋田亘・東大阪商工会議所副会頭は「子ども手当よりも中小企業支援に力を入れてほしい」と訴え、新潟市では、民主党推薦の福間哲郎・亀田地区民生・主任児童委員も「バラマキに結びつくものに国家予算で支出すべきではない」と子ども手当を批判した。

【関連ニュース】
10年度予算案:野党共闘、機能せず 年度内成立へ
衆院本会議:予算委員長解任決議案を否決
自民党:予算委員長の解任決議案を提出
自民党:「予算案」に消費税上げ明示せず
個所付け:要望反映190路線 県連向け資料公表

低い死亡率、少ない妊婦患者―新型フル、日本は特異?(医療介護CBニュース)
特別入基料の要件に追加項目を―自治労(医療介護CBニュース)
<紀子さま>結核予防講習会開講式に出席(毎日新聞)
「日本版NP」創設を―日看協が初の統一見解(医療介護CBニュース)
「環境税と排出量取引の議論は同時に」小沢環境相が温暖化対策で強調(産経新聞)
[PR]
by wusee7phoj | 2010-02-23 22:28